見る・遊ぶ

岡山の女性アーティスト3人がコラボコンサート 写真とプリザーブドフラワーとピアノ

「たゆたう人」が行われる古民家にあるピアノと情景描写ビア二スト・山地真美さん

「たゆたう人」が行われる古民家にあるピアノと情景描写ビア二スト・山地真美さん

  •  
  •  

 女性アーティスト3人によるコラボ・ピアノコンサート「たゆたうひと」が12月15日、築100年の古民家アトリエ「comMinca」(瀬戸内市邑久町)で開かれる。

 フォトグラファー・松本紀子さんが撮影した瀬戸内の風景写真を展示し、ドライ&プリザーブドフラワー専門店の鷲尾明子さんが空間装飾を施した古民家の中で、情景描写ビア二スト・山地真美さんがグランドピアノを使った即興演奏を行う。山地さんは写真や装飾された花々からインスピレーションを受け、その場で作曲・演奏を行う。

[広告]

 今年3月行ったクラウドファンディングで得た資金で、同アトリエにグランドピアノを設置した。グランドピアノは、海外から訪れる人などに弾いてもらうだけでなく、メッセージを書き込めるようにした。同アトリエで誰でも参加ができるイベントは初めての試みとなる。

 山地さんは「ピアノ演奏のための装飾としての写真やプリザーブドフラワーではなく、3人のアーティストのグループ展。それぞれが感性を刺激し合い、作品を届ける。写真はある時間を切り取り時間が止まっているように見える。プリザーブドフラワーは一番きれいな瞬間で止まっているように見える。音楽という時間の流れを入れることによって、それぞれのストーリーは動き出し、今までとは違ったものに見えることもある」と話す。

 当日は、作品について3人のトークショーや写真を一枚ずつ鑑賞し、作曲・演奏する予定。

 「『たゆたう』は、ゆらゆらゆれる様子、朝靄(もや)や雲のようにふわふわとした様子を表す言葉だという。ゆったりとした時間を参加者と一緒に過ごし、心が動くたゆたう時間を一緒に過ごしたい」とも。

 開催時間は15時~16時30分と18時30分~20時の2回。参加費は2,500円(ドリンク付き)。

  • はてなブックマークに追加