見る・遊ぶ 暮らす・働く

岡山パリ祭、岡山出身のあみさんがPR シャンソンの魅力若者にも

パリ祭をPRするあみさん

パリ祭をPRするあみさん

  •  
  •  

 岡山表町にある岡山シンフォニーホール(岡山市北区表町1)で7月17日、「2016岡山パリ祭」が開催される。

以前のパリ祭のステージ

 1963(昭和38)年のフランス革命記念日7月14日に、シャンソン歌手の石井好子さんが、シャンソンを楽しむ日として開催したのが始まり。岡山では、山陽女子高等学校出身の東京オリンピック水泳代表選手、木原光知子さんが発起人となり、岡山シンフォニーホールが完成した25年前から同イベントを開催している。東京公演からスタートし、岡山を含める全6カ所で行われる。

[広告]

 出演は、ゲストとして美川憲一さん、木の実ナナさん、有森裕子さん。岡山出身者は、あみさん、原洋子さん、藤原素子さん、桧山武雄さん、岡山混声合唱団。ロックバンド「すかんち」元ボーカルでミュージシャンのROLLYさんも出演する。今年のテーマは「パリの1日」。

 「シャンソンは、歌い手によって全く違う歌になる。歌に生き方や考え方がにじみ出るもの。民謡のような優しい歌から、複雑で憂鬱(ゆううつ)な歌までシャンソンを味わってほしい」とあみさんは話す。

 岡山シンフォニーホールの隣では、16日・17日に「2016上之町パリ祭」が行われ、16日の12時ごろ~と16時ごろ~、あみさんらによる無料ライブも行われる。

 「年に一度、岡山がパリになる日。まだあまりシャンソンを聞いたことがない若い人にもぜひ、来てほしい」とあみさんは呼び掛ける。

 開場=17時、開演=17時30分。入場料は、S=7,000円、A=6,000円、B=4,000円。

  • はてなブックマークに追加