買う

SHOWROOM社長の新刊500冊購入 岡山の大学生が市内カフェなどで販売

カフェ&バー「もくもくガレージ」の本棚前・赤木孝臣さん

カフェ&バー「もくもくガレージ」の本棚前・赤木孝臣さん

  •  

 仮装ライブ空間「SHOWROOM」社長・前田裕二さんの新刊「メモの魔力」の編集担当者によるツイートを見て同書を500冊購入した岡山市在住の大学生・赤木孝臣さんが現在、カフェ&バー「もくもくガレージ」(岡山市北区京町)などで同書を販売している。

 同書は昨年12月25日に幻冬社が発売。同5日に同社編集者の箕輪厚介さんがツイッターで、500冊購入すると限定10人に前田さんの講演会開催の権利を特典として付けると発信。赤木さんは12月8日に、アマゾンで500冊を購入し権利を得た。

[広告]

 購入した時には、支払い金額75万6,000円を確保していなかったため、知人や紹介で出会った人に対し、書籍販売のプレゼンテーションをして回っているという。赤木さんは「本の内容だけでなく、通信制大学に通う自分の経歴やこれからのことを話すチャンスが生まれたことに感謝している」と話す。同店も赤木さんの行動力に共感し、店内の本棚を無償で貸し出し約100冊の販売協力をしている。

 赤木は同書について、「モヤモヤしている考えの整理や自己分析ができる。何かを始めたいけど悩んでいる人にお薦め。500冊購入したことで、大きなチャンスを得ることができた。これからも多くの人と会って話をしていきたい」と話す。2月2日には初めて主催する交流イベントも予定している。