食べる

岡山に「全感覚を使って食べる」カレー店 「スパイスで元気になってほしい」

全感覚スパイスの鈴木海紗陽(あさひ)さん

全感覚スパイスの鈴木海紗陽(あさひ)さん

  •  
  •  

 岡山・玉野にスパイス料理店「全感覚スパイス」(玉野市宇野)がオープンして、1カ月がたった。

全感覚プレート

 2017(平成29)年6月、玉野魚市場の隣・東山ビルにオープンしたカフェ「ボラードコーヒー」(玉野市宇野)が、日曜~火曜の昼限定で同店を9月1日にオープンした。店主の鈴木海紗陽(あさひ)さんは6年前、隣町の倉敷市児島のアパレルメーカーに就職し、大阪から岡山へ引越した。営業職で東京や大阪へ出張で出掛け、疲れた際に立ち寄ったのがカレー店やスパイスを使ったブラウニーの店だったという。スパイスで元気をもらった経験から、同店の構想があった。約1年半前からボラードで働くようになり、同店オープンとなった。

[広告]

 カレー店でなく、「全感覚を刺激する」スパイス料理店としてオープン。平らな薄い皿のご飯とサラダ、ピクルスや薬味を、にフランス料理で使われるフィッシュスプーンで崩しながら食べる。鈴木さんは「甘い、酸っぱい、辛い、苦いなどの味覚や食材の色と食感、香りを楽しめるように作っている。いろんな感覚を使って楽しんで食べて、元気になってほしい」と話す。

 全感覚プレート(900円)は2、3週間ごとに季節のものや地域のものを使った食材に変更していく。これまでは「チキンとダルのダブルカレー」や「連島(つらじま)レンコンとポークのキーマカレー」を提供していた。

 鈴木さんは「店の前は、目線の高さに海があり、ホッとできる空間。8席だけ小さな店だけど、相席になりコミュニケーションが生まれることもしばしば。地域の人が立ち寄ってもらえる場所になっている」とも。

 営業時間は11時30分~13時30分。日曜・月曜・火曜に営業。

  • はてなブックマークに追加