3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 学ぶ・知る

岡山の雑貨・家具店に自然の素材生かしたアクセサリー「ギャザー」秋冬新作

「クヌギ・ピンブローチ」を胸に店主、篠原寿子(ひさこ)さん

「クヌギ・ピンブローチ」を胸に店主、篠原寿子(ひさこ)さん

  • 0

  •  

 岡山のリサイクル雑貨・家具の店「キミドリ・分校」(岡山市中区藤原光町1、TEL 086-238-6038)で11月中旬から、アクセサリーブランド「gather(ギャザー)」の秋冬バージョンが店頭に並んでいる。

「枯れ葉ブレスレット」

 同市内に3店舗ある「リサイクルショップ・キミドリ」。中でも同店は「ルリユール(フランス語でもう一度つなげる)」をコンセプトに、「捨てられゆくもの」に付加価値を見いだし、再び物と人とをつなげる場であることを大切にしているという。店舗面積約150坪のスーパーマーケット跡を改装した店内にはデザインものやアンティーク家具、新古品のほかに、廃材から組み立てたオリジナル家具なども並ぶ。

[広告]

 英語の「寄せ集める」を意味する「gather」は店主、篠原寿子(ひさこ)さんが「遊びに行った玉野市の渋川海岸で海水をまとった砂が艶っぽくきれいで、これをアクセサリーにできたらいいのにと思っていたところ、作家との出会いがあり実現。今年の春に立ち上げた」という。海岸で拾った砂や貝殻を使ったシリーズに加え、秋冬は、しなった形をそのまま生かした「枯れ葉ブレスレット」(3,200円)や、こけむした「樹皮のバレッタ」(2,800円)、実の帽子の部分を使った「クヌギ・ピンブローチ」(1,800円)、「クヌギ・リング」(1,500円)など。

 11月9日・10日に東京都調布市で行われた「東京蚤(のみ)の市」にも出店し「一見壊れそうなはかなさがいい」と好評。実際には試作を重ね、強度を保ちつつしなやかさも残すよう樹脂コーティングしているので乱暴に扱わなければ壊れないという。商品は同店舗のほかホームページのオンラインショップでも販売する。

 営業時間は11時~19時。水曜定休。隣店舗と共有の駐車場が店の前に3台のほか、裏にも5台分用意する。

Stay at Home