見る・遊ぶ

岡山で再び「間取り図ナイト」 おかしな間取りでストレスを笑い飛ばす

「間取り図ナイト」の主催者の森岡友樹さん

「間取り図ナイト」の主催者の森岡友樹さん

  • 41

  •  

 奉還町商店街にあるゲストハウス「KAMP」(岡山市北区奉還町3)で12月4日、「間取り図ナイト最終回ツアー岡山再び」が行われる。

 同イベントは、主催者の森岡友樹さんが全国各地の面白い間取り図をスクリーンに写し、解説を聞きながら笑い楽しむ会。森岡さんがこれまでに収集した約1000件の奇妙な場所に配置された扉や階段や不自然な間取りなど面白い間取り図のうち、約150件を当日紹介する。

[広告]

 森岡さんは、小学生の頃、父親が読んでいたログハウスの雑誌に描かれた間取り図に興味を持った。ログハウスは、通常の住宅とは異なる間取りをしていることに疑問を覚えたという。大学生の頃には、玄関が3階にある急斜面に建てられた家、家賃が異常に安い物件、倉庫を改造したアパートなど、自らも特殊な物件に住んでいた経験もある。

 インターネットの不動産情報サイトで、1万件を超える全国の間取り図をこれまで閲覧したという。2004(平成16)年には、ミクシィのコミュニティー「間取り図大好き」の運営を開始し、特徴的な間取り図を紹介していた。登録者数19万人を超える人気コミュニティーとなった。2007(平成19)年に、「間取り図ナイト」を東京でスタートした。現在は約50カ所、60公演以上を行っている。最終回ツアーでは、全国47都道府県で開催することを目標としている。

 岡山で開催する最終回ツアーは今回で2回目となる。森岡さんは「岡山県には、玉島、下津井、牛窓などの北前船が寄港した古い街がある。古い街に残る改築された建物など、興味深い場所が岡山には多い」と話す。

 最終回ツアーは新型コロナウイルスの影響で中断していたが、今年10月に再スタートした。森岡さんは「今年は家にいることも多く、ストレスを感じている人が多いはず。おかしな間取り図を見て、笑ってもらえるとうれしい」とも。

 開催時間は19時開場、19時30分開演。入場料は、前売り=2,000円、当日=2,500円(ワンドリンクオーダー制)。