学ぶ・知る

岡山のバイオリニスト福田廉之介さんがピアニスト募集 小学生から高校生まで

「The Most」を率いるバイオリニスト・福田廉之介さん

「The Most」を率いるバイオリニスト・福田廉之介さん

  • 17

  •  

 バイオリニスト福田廉之介さんが率いる室内オーケストラ「The Most」が5月29日、岡山公演のピアノ・ソリストオーディションを行う。

 「The Most」を率いる福田さんは1999(平成11)年、岡山県生まれ。7歳から大阪フィルハーモニー交響楽団、岡山フィルハーモニック管弦楽団、ロンドンフィルハーモニー管弦楽団などと共演する。2013(平成25)年にクロスター・シェンタール国際バイオリンコンクールジュニア部門で優勝。スイスのシオンの音楽学校をわずか1年で首席卒業し、2016(平成28)年からローザンヌ高等音楽院に飛び級入学。2017(平成29)年に世界で活躍する若手バイオリニストに贈られる「Ivery Gitlis Prix(イヴリーギトリス賞)」を受賞。

[広告]

 「The Most」は、Magical Orchestra of Special Talentsの略で、2020年に福田さんを中心に国内外で活躍する若手音楽家で結成した室内オーケストラ。日本全国でクラシック演奏会を開くことで、クラシック音楽の普及と地域活性化を行い、10代以下の次世代音楽家の育成を目標としている。

 本年度のメンバーは、バイオリンの倉冨亮太さん、小島燎さん、小林壱成さん、戸澤采紀さん、関朋岳さん、竹田樹莉果さんの6人、ビオラの正田響子さん、田原綾子さんの2人、チェロの上村文乃さん、櫃元瑠音さんの2人、コントラバスの岡本潤さん。

 昨年、5カ所で予定されていた同オーケストラの公演は、3カ所の開催となり広島と京都は延期公演を今年行う。岡山公演は10月9日に岡山シンフォニーホールで開催する。芥川也寸志の「弦楽のための三楽章・トリプティーク」、ドヴォルザークの「弦楽セレナーデホ長調作品22」などを演奏する予定としている。

 岡山での募集は、中国地方出身もしくは在住の小学生から高校生を対象とし、公演で演奏する「J.S.バッハ ピアノ協奏曲第7番BWV1058ト短調」のピアノソリストを3人募集する。オーディションには同曲と自由曲の演奏を行う。

 福田さんは「テクニックより音楽を楽しんでいるソリストを選びたい。子どもの頃にステージに上がった経験や掛けてもらった言葉などは、体のどこかに残っているはず。誰でもリードが取れる高いクオリティーと信頼感のあるメンバーと一緒に演奏会を開けることが楽しみ」と話す。

 このほかに東京公演のピアノソリスト、京都公演のバイオリンソリストも募集している。

 参加費は5,000円。応募は5月1日まで。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース