食べる

岡山市役所近くに町中華・寿々福 あんあふれる「おぼれ」メニュー看板に

中華料理店「町中華・寿々福」店主の西井隆之さん

中華料理店「町中華・寿々福」店主の西井隆之さん

  • 265

  •  

 中華料理店「町中華・寿々福(じゅじゅふく)」(岡山市北区大供2)が3月7日、オープンした。

中華料理店「町中華・寿々福」看板メニューの海鮮おぼれ天津飯

[広告]

 中華快席「福幸」(北区田町1)やラーメン店「濃厚鶏白湯拉麺 乙」(北区平和町)を運営する西井隆之さんが、岡山市役所近くの飲食店「磯の子」跡に新たにオープン。西井さんによると、町中華は、早く安くボリュームのある中華料理を指すという。

 同店の看板メニューは、あんを皿からあふれそうになるほどかけた「おぼれ天津飯」(660円)と「海鮮おぼれ天津飯」(880円)。西井さんは「通常より多めにかけることで、最後まで飯を楽しめる。卵をふわふわにすることのみならず料理人の技術」と話す。

 中華そばセットメニューでは、おぼれ天津飯、黒マーボー丼、焼き飯を選べる。肉野菜定食、中華そば・唐揚げ定食(以上850円)、日替わり定食、ユーリンチー定食(以上900円)も用意する。

 一品料理は、ザーサイ、ピータン豆腐(以上350円)、雲白肉(ウンパイロー)、もやしチャーチュー(以上550円)、唐揚げ(660円)なども提供する。

 西井さんは「コロナ禍で夜の飲食店は大きな打撃を受けた。昼食に手軽な町中華を提供し、帰宅途中に1人でビールとつまみで楽しんでもらえるとうれしい。一般的な皿や器を使っているが、本格的な味の中華料理を提供していく」と話す。

 営業時間は、11時~15時、17時~22時。日曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース