買う

岡山城の新ロゴやローカルユーチューバーの缶バッジ ラーメン無料券も

製作した「豊成D.C」のスタッフ・吉川洋平さん

製作した「豊成D.C」のスタッフ・吉川洋平さん

  • 30

  •  

 岡山城の新しいロゴなどの缶バッジを入れたカプセルトイ「伝説の岡山ガッチャンポン」を4月28日、イコットニコット(岡山市北区駅前町1)で販売する。

新・岡山城ロゴの缶バッジ

[広告]

 同企画は、昨年5月末に耐震工事などを理由に閉館した岡山城を、岡山城ウェブサイトで決定した「新・岡山城ロゴ」などを使った缶バッジを作ることで岡山を盛り上げようと企画したことをきっかけに、岡山で活動するクリエーターやユーチューバーなどを題材にした缶バッジを製作した。

 「令和の大改修・岡山城缶バッジコレクション」は、新・岡山城ロゴ、宇喜多家・小早川家・池田家の3家紋または旗印をデザインした4種。新・岡山城ロゴは、岡山城を模した不等辺五角形に3家紋が納められている。同ロゴは、岡山城ウェブサイトで3案の中から一般投票で選ばれた。

 このほか、岡山駅前商店街などで活動する覆面レスラーモモキッドさんの「岡山が誇るスーパーヒーローモモキッド」、岡山ローカルクリエーター・愛辺マナさんの描く「けもみみわーるど!」、岡山ユーチューバー「実録スピチューブ」、倉敷ユーチューバー「ちゃんけブログ」、ラーメン店「麺処ぐり虎(こ)」の5シリーズを製作した。全シリーズが公認グッズで、8種の缶バッジを製作した。価格は300円。

 ラーメン店「麺処ぐり虎」のカプセルには、ラーメンが描かれた缶バッジの他にチャーシューメンマのトッピング券やラーメン1杯の無料券も同封する。

 製作した「豊成D.C」(岡山市南区豊成3)スタッフの吉川洋平さんは「文化・エンタメ、フルーツ、クリエーター、ユーチューバーなど、岡山には楽しいコンテンツがたくさんある。缶バッジという古典的な手法だが、後に伝説となると信じている。今後は企業コラボや立体のキーホルダーなどをカプセルトイで企画したい。ニッチでマニアックだが面白い岡山愛あふれた企画で、岡山を盛り上げたい」とも。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース