学ぶ・知る

中・高生の探求学習支援団体「備中志事人」が再始動 県内外の事例紹介も

「備中志事人」メンバーの森分志学さん

「備中志事人」メンバーの森分志学さん

  • 222

  •  

 中高生の「探求学習」を支援する大人のための勉強会「志事人(しごとにん)集合 the beginning 2023」が1月15日、ブランチ岡山北長瀬内のハッシュタグ(岡山市北区北長瀬表町2)で開かれる。

[広告]

 主催する「備中志事人」は2017(平成29)年、井原市教育委員会の藤井剛さんが中高生の校外学習を支援する大人を対象に立ち上げた。NPO法人「カタリバ」(東京都)が主催する探求型学習プログラム「全国高校生マイプロジェクト」を活用し、高校生が身の回りの課題や関心をテーマにマイプロジェクトを立ち上げるなどの支援や応援をしてきた。地域の大人と出会える場所や活動をプレゼンテーションする「ジブンゴト学会」や「コノユビトマレ合宿」のほか、2019年・2020年には「全国高校生マイプロジェクトアワード中四国サミット」を開催し、200人以上の高校生が参加した。

 2020年以降は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け活動を縮小していた。2022年度から高校の学習指導要領に「総合的な探究の時間」が加えられ、探求学習の支援者の必要性が増すと考え、今回のイベントを皮切りに活動を再開する。

 同団体メンバーの森分志学さんは「探求学習を取り入れる学校は増えたが、知識や技能の体系化ができていない。支援者はボランティアがほとんどで、かけられる時間に限りがある。この団体を、知恵を持ち寄り、共に技能を高めるコミュニティーにしたい」と話す。

 当日は、探求学習に取り組む教育支援企業「Edo(エドゥ)」(岐阜県飛騨市)社長の関口祐太さんと副代表の盤所杏子(ばんじょきょうこ)さん、地域おこし協力隊が立ち上げた一般社団法人「まなびと」(和気町)代表理事の江森真矢子さんをゲストスピーカーに迎え鼎談(ていだん)を行う。その後、テーマ別の情報交換とディスカッションを予定。

 開催時間は17時~19時。参加無料。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース