見る・遊ぶ

岡山で9年ぶりのチェルフィッチュ公演-コンビニを舞台にした演劇

コンビニエンスストアの様子 (C)Christian Kleiner

コンビニエンスストアの様子 (C)Christian Kleiner

  • 0

  •  

 岡山市・天神町の岡山県天神山文化プラザホール(岡山市北区天神町、TEL 086-226-5005)で3月14日・15日、演劇カンパニーのチェルフィッチュによる公演「スーパープレミアムソフトWバニラリッチ」が行われる。

「スーパープレミアムソフトWバニラリッチ」のワンシーン

 2014年5月よりロンドン、ベルリン、リオ・デ・ジャネイロを含む世界16カ所で公演。日本では横浜、宮崎、岡山を巡回。チェルフィッチュとして9年ぶりの岡山での公演となる。

[広告]

 チェルフィッチュは、演劇作家の岡田利規さん率いる演劇カンパニー。2005年に「三月の5日間」で第49回岸田國士戯曲賞受賞後、海外での公演も多数。チェルフィッチュ(chelfitsch)とは、自分本位という意味の英単語セルフィッシュ(selfish)を明晰(めいせき)に発語するまま幼児語化した造語。

 「スーパープレミアムソフトWバニラリッチ」では、バッハの平均率クラヴィーア曲集第一巻 全48楽章に合わせて、コンビニエンスストアでの出来事が描かれている。バイト定員、店長、客、本部スーパーバイザー、数千種類の商品が登場する。

 「コンビニを舞台にした芝居を作ろうと思ったのは、コンビニを相対化したかったから。コンビニと自分を切り離すことができる可能性を持っていられるようにしておきたかった。コンビニは私たちの内面にあまりにも浸透していて、それはとても難しい」と岡田さんは語る。

 公演時間は、14日=19時~、15日=14時~。入場料は当日=3,500円、前売り=3,000円、学生は共に1,500円。全席自由。

  • はてなブックマークに追加