3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

岡山で郷土料理イベント 地元料理人・農家・民俗学者らが企画

岡山の郷土料理

岡山の郷土料理

  • 0

  •  

 西川緑道公園(岡山市北区平和町)と野殿橋周辺で、5月23日グルメイベント「むかしむかしあるところに食べ物語」が行われる。

郷土料理の試作を作る料理人

 立食形式で弁当と日本酒2種類、甘酒などが楽しめる同イベント。岡山の料理人、岡山の農家、民俗学者がメンバーとなり企画する。用意する料理は岡山県産の野菜を使い、昔の調理方法で作るほか、岡山県の地酒と一緒に楽しむことで高度成長期以前の食文化が体感できる内容となっている。

[広告]

 弁当には、瀬戸内でとれたタコのうまみを生かしたタコ飯、祝いの席で出される料理、このしろを使った紅白なます、重ね煮で作った野菜の煮しめ、サワラのみそ漬け焼き、高梁川でとれたしじみを使ったしじみ汁を用意する。

 料理人は、野菜食堂こやまの石川俊輔さん、暮らしとつながる料理教室viorto!(ヴィオルト)主宰の今枝ゆかりさん、アルバンモー店主の二本木達也さん、ナチュレルモンのメニュー担当・木内範子さん。野菜は松崎護さんと「みつ有機組合」の物を使う。監修は民俗学者の神崎宣武さん。

 実行委員の山本和志さんは「岡山で丁寧に作られた野菜を、昔の作り方と食べ方でおいしく食べることでこれからの郷土料理について考えるきっかけになれば。県内の人だけでなく、海外の人にも伝えていける活動を今後もしていきたい」と話す。

 開催時間は17時~19時。参加費=3,500円。

Stay at Home