見る・遊ぶ 暮らす・働く

岡山ルネスホールで子ども達主役の演劇 影絵と劇の「野良の方舟」

影絵グループの子ども

影絵グループの子ども

  •  
  •  

 岡山市・内山下にあるルネスホール(岡山市北区内山下1)で8月21日・22日、子どもたちと末原拓馬による舞台「野良の方舟~どうせどこかに捨てられるなら、自分の船でいきましょう」が上演される。

影絵の実験中

 同芝居は、「夏休みこども祭りinルネス~学習発表会をぶっ飛ばせ」企画の最後。芝居は、同企画の下、事前に募集した小学生各20人が、劇チームと影絵チームに別れ、合計10回の準備や稽古を重ねて、作り上げてきた。

[広告]

 「これは学習発表会ではない。大人が教えていくのではなく、子どもたちが作り上げていくもの。子どもたちは、スケジュールの中、角笛シルエット劇場の影絵『花さき山』を鑑賞、ルネスホールに大きな蚊帳をつって行われるイベント『カヤ文明』を体感し、感性を刺激され、成長していく」と実行委員の大塲真護さんは語る。

「子どもたちに夏休みを一回限りのイベントではなく、表現することを繰り返すことで感性を磨き、多くのことを感じてほしい。生き生きとした子どもたちの姿を見てほしい」とも。

公演時間は、21日=18時30分~、22日=14時~。入場料は、一般=1,000円、小学生以下=500円。

  • はてなブックマークに追加