見る・遊ぶ

岡山出身アコーディオニストTacaさん凱旋ライブ CD発売記念ツアーで

Aco+Taca

Aco+Taca

  •  

 岡山市・表町にある泡盛と三味線の店「あたらし屋」(岡山市北区表町2、TEL 086-223-0455)で9月4日、岡山出身アーコディオニストTacaさんのライブ「Aco+Taca のんしゃららんツアー2015~le nonchalant tour du Japon」が開かれる。

桜とAco+Taca

 20歳でパリに渡りクラシックやジャズを学び現在もパリで音楽活動を続けるTacaさんと、日本民謡をアコーディオンで歌うAcoさんは2014年、パリで出会った。音楽性の全く違う2人だが演奏する楽器がアコーディオンであることから意気投合した。

[広告]

 「Tacaさんの奏でる音は、深くて柔らかい重くて丸いイメージを持つ。私の奏でる音はさらさらとしていて透明で軽い印象がある。全く違う音を奏でるので、混ざり合うことなく、奥行きを持った演奏になるように感じる」とAcoさんは語る。

 2人の新作CD「とわのひかり」の発売を記念した同ツアー。ツアー名の「のんしゃららん」はフランス語で「無頓着でのんきなさま」の意。発売前にはフランスで、ライブハウスやバーだけでなく、地下鉄や路上でも着物を着てライブを行った。国内では東京、横浜のほか、Tacaさんの地元でもあり、Acoさんにとっても縁のある岡山でも開催することとなった。

 19時開演。入場無料(投げ銭制)。