天気予報

17

14

みん経トピックス

岡山の商店街で古着のフリマ岡山・牛窓の詩人資料館

岡山・長泉寺境内で「南方マルシェ」 愛される町の祭りに

岡山・長泉寺境内で「南方マルシェ」 愛される町の祭りに

南方マルシェに出店する美容室Rilie(リリー)のメンバー

写真を拡大 地図を拡大

 岡山市の長泉寺(岡山市北区南方3)で4月16日、「第2回南方マルシェ」が開かれる。

 2回目の開催となる同イベントには、南方周辺の10店鋪が出店。「町の祭り」のように地元の人が楽しみながら交流することをコンセプトに実施する。

 実行委員長の石村亮馬さんは「初回は午前中に完売した店が多く、想像以上の賑(にぎ)わいになってよかったが、反省点も多かった。参加店舗が改善案を2回目に向けて次々に提案するようになり、店同士のつながりもマルシェ開催をきっかけに深まった」と話す。「南方に長く住んでいる方が、数年前まであった店の様子や町の歴史を語ってくれた。期待に応えて新たな活気をつくりたい」とも意気込む。

 境内を囲むように「emaru cafe(エマルカフェ)」のドリア、「ゆばの奥田屋」のゆばBOX(ゆば弁)、「肉のクマザワ」のソーセージ、「ufu-ufu」のプリン、「まみぱんストア」のベーグル、「HEAP BURGER STAND」のハンバーガーなどの飲食店が並ぶ。「さかなとやさいのお店」は野菜・果物とアナゴ丼、初出店の「讃岐の男うどん」は温かい天ぷらうどんを提供する。「ローブリーク」はドライフラワーなどを販売する。

 本堂の東隣りでは、「ピエールいけのうえ」がワークショップを行う。リボンを使って、おもちゃ「くるくるリボン」を親子で作る。入り口付近では、美容室「Rilie(リリー)」がヘアアレンジ講座を開催する。石村さんは「町の人と話すきっかけになる企画を含めたかった。小さな子連れの家族から年配の方まで、愛されるマルシェになれば」と話す。

 開催時間は10時~14時。

グローバルフォトニュース