食べる

岡山・清心町にパスタ専門店 175グラムの生野菜サラダとセットで生パスタ提供

店主の古市洋士さん(写真右)

店主の古市洋士さん(写真右)

  •  
  •  

 岡山市の清心町に6月30日、パスタ専門店「ペリカンパスタ」(岡山市北区清心町、TEL 086-250-4066)がオープンした。

トスサラダと本日の農園野菜とえび・イカの明太クリームソースのランチセット

 駅前町に移転したメキシコ料理店「タコスタイル」跡の物件に出店した同店。カフェ&セレクトショップ「grico apart(グリコアパート)」(岡山市北区奉還町2)の姉妹店となる。

[広告]

 店名の「ペリカン」は、大きな口でパスタと野菜を食べられるようにとの思いを込めて名付けたという。ペリカンのイラストをロゴにし、看板と入り口の扉に描く。

 店主の古市洋士さんは「パスタは炭水化物に偏りがちだと敬遠されることがないよう、成人の1日に必要とされる野菜の2分の1に相当する量をサラダセットにして、野菜をしっかり食べられるメニューを提供している」と話す。

 店舗面積は約50平方メートル、席数は22席。店内は店主自ら知人とDIYで仕上げ、客室の床張り、壁塗り、椅子やテーブルも手作りでナチュラルな雰囲気に統一した。

 ランチは、生パスタ11種を用意し、野菜10種175グラムのトスサラダとセットで提供する。手打ちの生パスタはモチモチした食感を味わえるよう工夫する。

 メニューはこのほか、「ゴロゴロお肉のボロネーゼ」、「ベーコンと本日の農園野菜のアーリオオーリオ」(以上980円)、「本日の農園野菜とえび・イカの明太クリームソース」(1,180円)など。野菜は「真庭あぐりガーデン」(真庭市中)とマンジャーレ(岡山市北区御津)から取り寄せ、丸ズッキーニ、白パプリカなど珍しい素材も取り入れる。

 ディナーメニューは、トスサラダ、バケット付きのアヒージョ、選べる生パスタのAセット(1,380円)など4セットを用意。ドリンクは、オーガニックワイン(グラス500円~)、レモン酒「リモンチェッロソーダ」(650円)、「桃太郎トマトの純トマトジュース」(550円)などをそろえる。デザートは「グリコアパートからの本日のケーキ」(500円)を提供する。

 営業時間は、平日=11時~15時、17時~22時、日曜・祝日=11時~22時。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加