3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

岡山のパン店でクリスマスマルシェ フランス人店主が企画

主催者のステファンさん

主催者のステファンさん

  • 252

  •  

 パン店「D’r BÈCK」(岡山市北区門田屋敷本町、TEL 050-5534-9953)駐車場で12月25日、クリスマスマルシェ「Le Petit Marché de Noël」が行われた。

 店主のStephane Eck(ステファン・エック)さんはフランス・アルザス地方・ヒルゼンハイム出身で、16歳の時パン職人の修業を始め、米国・カナダ・中国などにも住み、奈良のパン店でも働いた経験を持つ。店名は仏・アルザス語でパン店を指す言葉。天然ルヴァン(発酵種)を使った本物志向のパン店をコンセプトにしているという。

[広告]

 当日は、クルミ入りパン、スペルト小麦85%で作ったパン、ヘイゼルナッツとアプリコットの入ったパン、レーズン入りライ麦パン、シュトーレン、洋ナシのパン「ベラヴェッカ」などを販売した。

 約10平方メートルの駐車場では、テントブースで、自然派ワインショップ「Prevenant(プレヴナン)」(本町)が「ホットワイン」、フロマジュリー「Pinot(ピノ)」(中山下1)がラクレット、コーヒー店「Cantera(カンテラ)」(南区浜野)がコーヒーを販売した。

 店主のステファンさんは「パン作りも店作りも丁寧にやっている。時間はかかるが本物を届けたい。マルシェはこれからも定期開催して、お客さんとの交流を図りたい」と意欲を見せる。

Stay at Home