食べる 暮らす・働く

岡山・表町で飲み歩きイベント「ほろよい~の」-48店参加、ダンスホール企画も

ほろよい~の事務局「靴のタツオカ」の立岡海人(かいと)さん

ほろよい~の事務局「靴のタツオカ」の立岡海人(かいと)さん

  •  
  •  

 岡山表町周辺飲み歩きイベント「ほろよい~の」が7月15日、海の日に合わせて開催される。4回目を迎える今回、参加店舗は48店。

 専用の回数券を購入し、参加各店でワンドリンク、ワンフードが提供されるシステム。回数券は3枚つづりの「ほろよいセット」(前売り2,100円、当日2,400円)と、5枚つづりの「べろよいセット」(同3,500円、同4,000円)の2種類で、各店工夫を凝らした当日限定メニューを楽しめるほか、余ったチケットは翌16日~21日の6日間のみ「あとよい~の」参加店で前売り、当日にかかわらず1枚700円の金券として支払いの一部に利用できる(お釣りは出ない)。

[広告]

 当日は表町商店街で「ビンゴ大会」や「ガラポン大会」、飲み歩きパートナーを見つける「カップリングパーティー」、DJバー「ジプシーローズ」を昼間からダンスホールとして開放する「ほろよいDISCO」も同時開催するほか、初の試みとして地元調理製菓専門学校の在校生による出店体験ブースを設置。かつて岡山城下町の中核部分だった同エリアには当時をしのぶ歴史遺産や近代化の足跡が多く残されていることから、飲み歩きマップの中にそれらの情報も盛り込み、表町かいわいの魅力を再発見してもらうための工夫もしたという。

 事務局の立岡海人(たつおか かいと)さんは「市内の西川周辺で行われている飲み歩きイベント『ハレノミーノ』に教えを請い始めたのがきっかけ。『表町のファンをもっとつくろう』をテーマに、参加店同士横のつながりを強める努力もしている。それらをどう動かしていくかは今後の課題でもある」と熱く語る。「お客さんは20~70歳代と年齢層が幅広いのも特徴。回を重ねるごとに増えている。この地域は世界初の飛行機で飛行した鳥人幸吉など、歴史的にも興味深い人物をたくさん輩出している。飲み歩きながら夢やロマンを感じていただけたら」とも。

 開催時間は15時~深夜(店舗により異なる)。専用回数券は参加各店および取扱店舗で購入できるほか、ほろよい~の公式ホームページから予約も。問い合わせは立岡さん(TEL 080-3882-9078)、または時宗さん(TEL 090-7120-8822)まで。

  • はてなブックマークに追加