食べる

岡山で新米イベント「米米米米(ベイマイベイベー)」 日本の美味しいを引き継ぐ

アクシスナーフのスタッフ・左から浪江由唯さんと赤木倫子さん

アクシスナーフのスタッフ・左から浪江由唯さんと赤木倫子さん

  •  

 新米イベント「米米米米(ベイマイベイベー)」が11月25日、雑貨店「アクシスナーフ」(岡山市北区田中)で開かれる。

 同イベントは今回が初めて。春に開催しているパンイベント「ぱんぱんぱん」のお米版イベントを開きたいと、同店スタッフでお米好きの浪江由唯さんらが企画した。今年の新米を味わい、日本の食文化を次世代にも受け継いで欲しいという思いを込めている。

[広告]

 当日は、農業工房かべっこ(香川県さぬき市)がおむすびを提供する。自らが育てたお米ともち麦を一緒に炊き込み、のり・梅ごまみそ・ちりめん・肉みそ・鮭こんぶを準備している。Nöra(香川県高松市)は、8種のおかずがワッパに入った「野良の木箱弁当」(1,000円)を提供する。やさい屋ポッケは、ダイコン・サトイモ・ニンジン・コンニャク・ネギ・油揚げ、キノコなどが入った豚汁(350円)を提供する。

 この他、「珈音(かのん)」(秋田県)のお米・コーヒー・お茶、「山燕庵(さんえんあん)」(石川県)のお米・玄米を使った甘酒「玄米がユメヲミタ」、「吉川農園」(北海道)のお米の販売も行う。浪江さんは「私たちが特にオススメのお店・商品を集めました。日本の美味しいを大人から子どもまで楽しめるイベントにしたい」と話す。

 開催時間は10時~16時。