見る・遊ぶ

卓球Tリーグ「岡山リベッツ」ブルーTシャツを着て応援 360度から選手を後押し

岡山リベッツスタッフの中野恵子さん

岡山リベッツスタッフの中野恵子さん

  •  
  •  

 卓球Tリーグ「岡山リベッツ」が11月23日、T.T彩たま戦で「岡山リベッツ応援Tシャツ」を来場者全員に進呈する。会場は岡山武道館(岡山市北区いづみ町)。

 アパレルメーカー「ボブソン」(北区平野)が提供するブルーのTシャツを着て応援する「岡山リベッツ選手を後押し特別企画」を行う。スタッフの中野恵子さんは「今シーズンは1勝6敗の4位と低迷している。昨年は後半の追い上げでプレーオフまで進出した。1300人以上入場した試合もあり、全員でTシャツを着れば会場はブルーに染まる。岡山武道館は360度観覧席が卓球台を囲み、声援が選手の後押しとなるはず」と話す。

[広告]

 11月24日の琉球アスティーダ戦では来場者全員に「応援フラッグ」を進呈する予定。年内はホーム戦が11月23日・24日、12月6日・7日・8日と続く。5試合のうち3試合来場した人を対象に2018-2019シーズンレプリカユニホームに選手のサインを入れて抽選で5人に当たる企画も予定している。

 事前予約が必要だが、岡山県内の小学生は5試合とも無料で入場することができるほか、中学生・高校生も無料入場となる日がある。「卓球は年齢に関係なくできる生涯スポーツ。世界レベルのスポーツが岡山で見ることができるので、これまで見たことない人にも応援しにきてほしい」とも。

 12時30分開場、14時試合開始。入場料は、コートサイド席=7,000円、アリーナエンドホーム席・アリーナエンドアウェイ=5,000円、アリーナサイド=4,000円、自由席・大人=2,000円、自由席・高校生以下=1,000円。

  • はてなブックマークに追加