見る・遊ぶ

岡山後楽園などを香港アーティストが訪問 香港に向けてユーチューブで発信

岡山後楽園で撮影する香港の俳優・Kenny Kwan(ケニー・クァン)さん

岡山後楽園で撮影する香港の俳優・Kenny Kwan(ケニー・クァン)さん

  •  
  •  

 香港のアーティスト・Kenny Kwan(ケニー・クァン)さんが12月4日、「岡山後楽園」(岡山市北区後楽園)などを訪れた。

 ケニーさんは2003年、Boy'zで歌手デビュー。脱退後は俳優業や歌手として活動し、ユーチューブなどでの発信も行っている。以前、北海道に訪れた時の動画も掲載されている。

[広告]

 今回の訪問は、岡山県航空企画推進課の企画で、香港航空が週3便岡山空港に就航していることから、岡山のPRを香港の人たちに行うことが目的。

 当日は、ジャパンブルー(倉敷市児島味野)のデニム着物を着て、紅葉の残る後楽園を散策した。翌日の朝、雲海の出た備中松山城(高梁市内山下)を訪れ、猫城主さんじゅーろーとも対面した。中山いちご園(岡山市北区菅野)でイチゴ狩りをした後、湯原温泉「八景」(真庭市豊栄)で温泉を楽しんだ。

 最終日にはジーンズストリートを散策後、ベティスミス(倉敷市児島下の町)でリベットやボタン付け、革パッチの縫い付けを行うジーンズ作り体験をした。タコ料理店「保乃家(やすのや)」(倉敷市児島下津井1)で、タコの真子、白子、足、タコソーメンなどのコース料理を食べた。

 ケニーさんは「東京や大阪ほど人が多くなく、自然の風情もあり香港にはないものがたくさんある。雲海がきれいだったことが一番の思い出になった。」と話した。

 岡山で撮影された映像は、ケニーさんのユーチューブで公開を予定している。