3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

岡山・酒蔵ヨイキゲンが岡山バナナの甘酒 60本の限定発売

岡山バナナあまざけを販売する酒蔵ヨイキゲン社長の渡辺信行さん

岡山バナナあまざけを販売する酒蔵ヨイキゲン社長の渡辺信行さん

  • 394

  •  

 酒蔵「ヨイキゲン」(総社市清音)が4月7日、「岡山バナナあまざけ」の販売をスタートした。

酒蔵「ヨイキゲン」が販売スタートした「岡山バナナあまざけ」

 「おかやまおひさまファーム」(岡山市南区藤田)が作る岡山バナナを使った米麹(こうじ)で作るアルコール分のない甘酒。約10キロのバナナから60本の同商品を製造した。

[広告]

 2018(平成30)年から、無添加、無加糖の「あまざけ」を製造している。パッケージは、パンダ・ペンギン・ウシの3種。白い甘酒に映えるパンダの絵を同社の社長・渡辺信行さんが描いた。渡辺さんが描いたホワイトタイガーがパッケージの甘酒は、池田動物園(岡山市北区京山2)で限定販売している。

 同社の甘酒は、米麹を2度に分けて投入し、通常の約倍となる約20時間をかけて糖化する。渡辺さんは「糖化時間が長いので、甘味が強くてコクのある甘酒ができる。バナナの変色を抑え、風味を残し、甘酒の甘さとのバランスが難しかった。次回の販売は未定だが、岡山県内の食品とコラボを今後もしたい」と話す。

 これまではピオーネを使った甘酒を、イベントのみで販売したこともある。同社とローソン清音店(同)で販売。60本限定、800円(275ミリリットル)。

Stay at Home