暮らす・働く

岡山で高校生が店長の自習カフェ 相談や雑談もできる居場所に

岡山自習カフェ「こんぺいとう」の店長・藤原歩美さん

岡山自習カフェ「こんぺいとう」の店長・藤原歩美さん

  • 129

  •  

 岡山自習カフェ「こんぺいとう」が12月4日、商業施設「イコットニコット」(岡山市北区駅前町1)の2階にオープンした。

岡山自習カフェ「こんぺいとう」の店内1

 「TSUTAYA BOOKSTORE」内にある旅行代理店「H.I.S岡山駅前営業所」のカフェ・ゲートウェイを活用する。今年6月には「すなば珈琲」(鳥取市)の限定カフェを開催した。運営は、岡山に特化したオンライン家庭教師「PENTUS(ペンタス)」を運営する「conote(コノテ)」(岡山市)が行う。

[広告]

 家庭教師サービスを受ける高校生などから、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自習室の土日・閉鎖や時間制限、カフェでは席数の削減により長時間利用をできなくなり困っているという声を聞き、自習室のオープンを企画した。

 小学生・中学生・高校生の利用プランは、Aセット「飲み物1杯と2時間利用」(100円)とBセット「飲み物3杯と1日利用」(250円)を用意している。大学生はAセット(300円)、Bセット(750円)で利用できる。飲み物はオレンジジュース、コーヒー、紅茶の3種。座席数は12席。

 同カフェ店長の藤原歩美さんは、N高等学校の1年生。「低料金でずっといられる場所は、居場所がなくなった学生にはよりどころになるはず。店名の『こんぺいとう』は、友人が付けてくれた私のニックネームでもある。カラフルでかわいいけど、それぞれとがった部分を持っている。色もとがりも大切にしながら、今を頑張れる場所を作りたくて名付けた。相談しづらい人間関係の雑談をすることも多い。気軽に声を掛かけてほしい」と話す。

 このほかに、現役大学生に進路相談などをできるサービスを初回無料で行う。コノテの林田昂大(あきひろ)さんは「ペンタスのサービスでもある家庭教師を務める大学生への相談を受けられる。勉強内容のこと、勉強方針のこと、モチベーションの維持など受験生や保護者が抱える悩みをサポートする」と話す。

 今後は、学校の放課後のような居場所づくりとしてのイベントや、1日店長なども企画する。

 営業時間は11時~18時。