3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

岡山・問屋町にカフェインレスコーヒー専門店「クロカフェ」-県産大豆とのブレンドも

スタッフの守安渉(もりやすわたる)さん(左)と、土師英彰(はじひであき)さん(右)

スタッフの守安渉(もりやすわたる)さん(左)と、土師英彰(はじひであき)さん(右)

  • 0

  •  

 岡山・問屋町エリアに12月21日、「AGRI COFFEE KUROCAFE(アグリコーヒー クロカフェ)」(北区中山道1、TEL 086-245-8822)がオープンする。店舗面積は約10坪。席数は12席。全席禁煙。

「くろカフェブレンド」(400円)

 店名に「アグリコーヒー」とあるのは岡山の農産物をブレンドしていることから。岡山県産の黒大豆や赤米をコーヒーとブレンドした「黒豆ブレンド」「赤米ブレンド」などが提供するカフェで、同商品を企画・販売している「食と農デザインプロジェクト・フーダ」の直営店。これまでネットや県内取扱店、デパートでの試飲販売やイベント出店などで販売してきたが、「より多くの人に知ってもらうために」と、カフェ激戦区ともいわれる人気エリア、問屋町への出店を決めたという。

[広告]

 メニューは全てカフェインレス。コーヒーは「くろカフェブレンド」「アカゴメブレンド」「ベストコロンビア」(以上400円)、「フルーティーモカ」(450円)など。紅茶は「デカフェアールグレイ」「ルイボスティー」(以上400円)。ソフトドリンクは「オレンジジュース」「アップルジュース」(以上300円)、「アカゴメ甘酒ラテ」(500円、ホット・アイス)。そのほか「キッズドリンク」(オレンジ・アップル・カルピスの3種類から選べる。200円)も用意する。

 スタッフの守安渉(わたる)さん(44)は「カフェインレスと言わなければわからないくらい、コーヒー通にも満足してもらえる味わい。妊娠中、授乳中でも安心して飲めることから女性の反応が良い。通常は店でカフェインレスコーヒーを置いていたとしても1種類くらいだが、同店ではフレンド2種、ストレート5種が楽しめる。いろいろな豆のカフェインレスがあることを知ってほしい」と話す。年明けにはフードメニューも。赤米のベーグルや野菜を使ったマフィンなども出す予定。

 営業時間は10時~19時。木曜定休。駐車場3台。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home