買う

岡山でも「ブックサンタ」 サンタクロースが貧困家庭に本を届ける

(左から)チャリティーサンタ理事の河津泉さん、「TSUTAYA AZ岡南店」の小幡慎一店長

(左から)チャリティーサンタ理事の河津泉さん、「TSUTAYA AZ岡南店」の小幡慎一店長

  • 100

  •  

 購入した書籍を貧困家庭などに寄贈するプロジェクト「ブックサンタ2022」が現在、「TSUTAYA AZ岡南店」(岡山市南区築港栄町)特設コーナーなどで行われている。

「TSUTAYA・AZ岡南店」のブックサンタ特設コーナー

[広告]

 同プロジェクトを主催するNPO法人「チャリティーサンタ」(東京都千代田区)は2008(平成20)年、寄付した家庭の子どもにクリスマスイブの夜にサンタクロースに扮(ふん)したボランティアスタッフがプレゼントを届ける活動をスタート。岡山支部は2009(平成21)年から活動する。集まった寄付金は途上国の教育支援に使われてきたが、東日本大震災以降は国内に目を向け、被災や貧困など困難を抱える子どもに対する支援に注力している。

 ブックサンタは2017(平成29)年にスタートした。書店で贈りたい本を購入し寄贈すると、経済的な理由や病気・入院、親子が死別、災害被害などで困難な状況にある子どもに、サンタクロースからのクリスマスプレゼントとして贈られる。

 今回は、前回の42都道府県461書店での取り扱いから、47都道府県779書店で寄贈できるようになったほか、約250の子ども支援団体と連携することになった。日本にいるウクライナ避難者の子どもや台風、豪雨などで被災した子どもにも届けられる。昨年の3万5000冊を上回る5万冊を目標としている。

 岡山県内では、今年から参加した「TSUTAYA AZ岡南店」のほか、「丸善さんすて岡山店」「丸善岡山シンフォニ-ビル店」「未来屋書店岡山」「TSUTAYA AZ平井店」「ブックプラザAZ茶屋町店」「TSUTAYA玉島店」「TSUTAYA笠岡富岡店」「TSUTAYA井原店」の9店で受け付ける。ブックサンタオンライン書店からも寄贈できる。

 届け先は、貧困家庭の希望者のほか、認定NPO法人「ハーモニーネット未来」(笠岡市)、「子ども食堂・えがお」(岡山市中区)、「つしまみんな食堂」、「フードバンクせとうち」(瀬戸内市)と連携して子どもたちに贈られる。チャリティーサンタが自宅へ直接届けるケースもあるという。

 「TSUTAYA AZ岡南店」の小幡慎一店長は「子どもたちが読書を好きになる機会をつくりたい。スタートしてから50件以上の寄贈があった。書店スタッフも温かい気持ちにしてもらえる。届けられる子どもの姿を想像しながら選書を楽しんでほしい」と話す。

 書店での寄贈受け付けは12月24日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース