暮らす・働く

岡山芸術交流の関連イベント「哲学カフェ」 「自由と経済開発」テーマに対話

活発に議論を行う参加者

活発に議論を行う参加者

  •  
  •  

 岡山市の「cafe moyau(モヤウ)」(岡山市北区出石町1)で11月15日、哲学カフェ「テツドク!(哲読)」が開催された。

 同イベントは、岡山市内で開催中の「岡山芸術交流2016パブリックプログラム」の一つとして行われた。哲学カフェは、あるテーマについて参加者らが自由に対話できるオープンな場。1992年にパリのカフェ・デ・ファールで生まれ、日本でも1999年ごろから全国各地で行われている。ファシリテータ―は、「カフェフィロ」副代表の松川絵里さんが務めた。

[広告]

 今回は「岡山芸術交流2016」のテーマ「開発」にちなんで、アジア初のノーベル経済学賞を受賞した経済学者アマルティア・センの著書「自由と経済開発(Development As Freedom)」が題材。本の内容を要約した資料を基に、自分自身がどのように感じたかを自由に議論し合う場となった。

 参加者は幅広い世代の15人。「自由とは何か」や「経済成長によって本当の幸せはつかめるのか」などについて議論された。参加者からは「私が思っていた自由と他のみんなが思っている自由が違っていた。今までの『開発』の考え方で世界は本当に変わるのか。経済を考えるとき、数字だけではなく道徳的な考えを取り入れることが必要ではないか」と意見が出された。

 松川さんは「参加者が自分の身の回りの出来事に置き換えて発言してくれ、予想外に面白い議論となった。対話の中で新しい気付きや疑問が生まれたならうれしい」と話す。