見る・遊ぶ

岡山天満屋でミニチュア作品120点展示 自由に写真撮影も

岡山天満屋・販売促進チームの紀伊恭子さん

岡山天満屋・販売促進チームの紀伊恭子さん

  •  
  •  

 「MINIATURE LIFE展~田中達也 見立ての世界」が4月24日から、岡山天満屋(岡山市表町2)で開かれる。

 同店創業190周年記念展覧会の一つで、見立て作家・ミニチュア写真家の田中達也さんの作品120点が並ぶ。会場は10のシーンに分け、どの作品も自由に写真を撮ることができる。立体作品は34点あり、コッペパンが連なり新幹線に見立てた作品「新パン線」は実際に走る。「岡山」をイメージした会期限定作品も予定している。

[広告]

 2011年から作品を毎日SNSに投稿する「MINIATURE CALENDER」を実施。インスタグラムのフォロワーは197万人を超えている。現在、第11回ショーティーアワードのアート部門のファイナリストに選ばれている。

 同店販売促進チームの紀伊恭子さんは「タイトルにも注目してほしい。少しオヤジギャグにも思えるタイトルはユーモアに富んでいる。高さが2メートルを超えるブロッコリーの下で写真を撮れる場所は子どもから大人まで楽しめるはず」と話す。フォトスポットは全3カ所。

 「最後の設営では、田中さん本人が細かいところまで手を入れる。見立て方に感心する方も多い。自分の好きな角度探し写真を撮るのも楽しいのでは」とも。

 24日(10時~、14時~)、29日(13時~、16時~)には、田中さんが来場してギャラリートーク・サイン会も開く。会場限定のオリジナルグッズも200種以上を販売。

 開催時間は10時~18時。入場料は、一般=800円、中高生=600円、小学生以下無料。名前に「令和」のいずれかの文字がある人は入場無料。会場は6階葦川(いせん)会館。

  • はてなブックマークに追加