暮らす・働く

岡山で「高地トレーニング」 富士山6合目の酸素量、30分で2時間分の運動量

「高地トレーニングルーム」を運営するファンウォーカー店長の舩越優治さん

「高地トレーニングルーム」を運営するファンウォーカー店長の舩越優治さん

  •  
  •  

 高地トレーニングルームを使ったトレーニングが6月27日、ウォーキング専門店「ファンウォーカー」(岡山市北区北長瀬表町2)で始まった。

 同店は、JR北長瀬駅前に完成したブランチ岡山北長瀬内にオープン。2014(平成26)年、「おかやまマラソン」がスタートする前年にオープンしたランニング専門店「ランプロ」(岡山市北区絵図町)を運営する栄光スポーツ(岡山市北区大供1)が同店も開店した。

[広告]

 高地トレーニングルームは、空気中の窒素を増やすことで酸素量を5%減らし、富士山の6合目・約2450メートルの高地を再現している。実際の山とは違い気圧は平地と同じため、高山病になることはないという。ランニングマシンを3台並べ、室温は約17度に設定している。

 トレーニング前に前日の飲酒量や睡眠時間などを聞くアンケートと、血圧を測定し安全確認をしている。高地トレーニングは、部屋の中の酸素量を減らすことで血液中の酸素量を減らし、ミトコンドリアを活性化する。血中酸素量は、通常95~99%あるが、最大85%を上限として落とす。心拍数を上げず、酸素量を減らすことにより、体内でミトコンドリアが増え、脂質を食べてくれるという。

 5分に一度、指先にパルスオキシメーターを付け、血液中の酸素割合と心拍数を計測する。店長の舩越優治さんは「高地トレーニングはトップアスリートがやるイメージがあるが、苦しい思いをせず、効率よく運動ができる。30分歩くだけで、2時間分の運動量があると言われている」と話す。

 「汗をかき、代謝が上がり、運動不足の解消にもなる。ミトコンドリアが増えるミトファジー状態は4日間ほど続くと言われ、週1回くらい30分の運動を続けることが大事」とも。

 体験コースは通常3,000円、現在オープン価格での1,000円。8月31日まで。

 営業時間は10時~20時。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加