3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

ファジアーノ岡山、公式試合再開後・初の有観客試合 相手チームも拍手で迎え

サッカーJ2「ファジアーノ岡山」の第4節「ギラヴァンツ北九州」戦に訪れたサポーター

サッカーJ2「ファジアーノ岡山」の第4節「ギラヴァンツ北九州」戦に訪れたサポーター

  • 36

  •  

 サッカーJ2「ファジアーノ岡山」が7月10日、シティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)で第4節「ギラヴァンツ北九州」戦を行った。

シティライトスタジアム入り口付近のデジタルサイネージで協力を求める動画を放映

 公式戦再開後初の観客を入れての試合で、スタジアム入場時のマスクの着用をお願いし、座席からの移動や応援の扇動、歌うなどの応援、手拍子、フラッグ・マフラータオルを振る行為、メガホンや太鼓などの鳴り物、ハイタッチ・肩組み、ビッグフラッグなどの禁止を、事前にユーチューブで「ファジ丸からのお願い」として入場・観戦ガイドを告知していた。

[広告]

 当日は政府方針に従い最大5000人までの観客を入れて行うことができ、雨の中、約2300人が訪れた。入場には検温、アルコール消毒を行い、座席は赤テープで半径1メートル以上の間隔を確保し、感染防止対策をして「新しい生活様式」での観戦となった。

 スタジアムには九州や中部地方で被害のあった豪雨災害を受け、「みんなで乗り越えよう」「九州豪雨で被災された方々の早期復興を願います」「北九州サポーターの皆様 次の対戦は現地の声で勝負」「Jリーグのある週末 全ての人に感謝。頑張ろうJリーグ。頑張ろう日本」といった横断幕が岡山サポーターによって掲げられた。

 ファジアーノ岡山の選手入場時だけでなく、ギラヴァンツ北九州の選手入場時にも、ファジアーノ岡山のファン・サポーターから拍手が起こった。ファジアーノ岡山広報担当者の森井悠さんは「試合観戦を楽しみにしてくださるファン・サポーターには、手拍子もできない新しい試合観戦の仕方に協力いただけることを感謝しかない。二度のリモートマッチを経験し、約5ヶ月ぶりに観客の前で試合をすることができた。選手やスタッフは、観戦の前で試合ができる喜びを感じた」と話す。

 前試合、アウェーでジュビロ磐田に1-1で引き分け、順位を4位から5位に落としていた。ギラヴァンツ北九州との過去の対戦成績は5勝5分け4敗と勝ち越している。J2通算150勝目がかかった試合となった。

 試合前には令和2年7月豪雨で被害に遭った人への黙とうを行った。前半を0-0で折り返した後半16分、ギラヴァンツ北九州の髙橋大悟選手に得点を許す。後半18分には交代したばかりのギラヴァンツ北九州の佐藤亮選手に2点目を得点される。ファジアーノ岡山も9本のシュートを放ったが得点には至らず、0-2で初の負けとなり、1勝2分け1敗で順位を13位とした。

 次節は7月15日、ニンジニアスタジアム(愛媛県松山市)で9位の愛媛FCと戦う。

Stay at Home