3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

岡山・JR総社駅前に鉄道ギャラリー「総社クロスポイント」 鉄道ジオラマなど2000点

右から鉄道ギャラリー&スペース「総社クロスポイント」の安達勝利さんと後藤大夢さん

右から鉄道ギャラリー&スペース「総社クロスポイント」の安達勝利さんと後藤大夢さん

  • 279

  •  

 鉄道ギャラリー&スペース「総社クロスポイント」(総社市駅前)が7月23日、JR総社駅前のビルにオープンした。

鉄道ギャラリー&スペース「総社クロスポイント」の三重連の蒸気機関車写真

 同ギャラリーは、まちづくり合同会社「縁社屋」(駅前1)が運営する。鉄道のジオラマや記念切符、鉄道プレート、鉄道雑誌のバックナンバーなど約2000点が展示されている。

[広告]

 展示品の多くは、同社のメンバーでもあり骨董(こっとう)品店「SHELTER(シェルター)」を営む安達勝利さんが、鉄道関連のコレクター・藤山侃司さんの親族らから寄贈されたもの。藤山さんは、JR伯備線を走る三重連の蒸気機関車を撮影し、全国の鉄道ファンに伝えた人として知られている。

 同ギャラリーを開設するため、今年5月末から約1カ月間クラウドファンデングを実施。開始から4日で目標の50万円を到達し、最終日までに111万円を集めた。全国85人から寄付があったという。

 オープン初日は、180人が来場。親子連れや70代・80代の旧国鉄社員も訪れた。オープンしてから、150点以上の鉄道模型や、蒸気機関車D51(デゴイチ)のある石原公園(総社市中央1)の自主制作ジオラマを寄贈した人もいた。安達さんは「蒸気機関車の写真の前で、当時の思い出を懐かしそうに話してくれる人など、多くの人に来場いただいた。ここがまちづくりの起爆剤となるとうれしい」と話す。

 営業時間11時~17時。火曜・水曜・木曜定休。

Stay at Home