学ぶ・知る

岡山・旭川河川敷で30キロマラソン練習会 おかやまマラソン2021に向けて

ランニング専門店「Runpro(ランプロ)」店長の森岡紘士さんとスタッフの八木遥さん

ランニング専門店「Runpro(ランプロ)」店長の森岡紘士さんとスタッフの八木遥さん

  • 128

  •  

 ランニング専門店「Runpro(ランプロ)」(岡山市北区絵図町1)が4月29日、旭川ランニングコースで30キロマラソン練習会を行う。

 参加人数を1万5000人から1万2000人に減らした「おかやまマラソン2021」が11月14日、開催される。岡山県民枠は2000人から4000人に増え、4月7日から受け付けが始まった。

[広告]

 ランプロでは、2017(平成29)年から年に1回以上、30キロマラソン練習会を行ってきた。旭川にかかる相生橋付近から北へ2.5キロの岡北大橋までを往復するコース。フルマラソンの目標タイムごとに、3時間、3時間30分、4時間、4時間30分、5時間の5グループに分けスタートする。グループごとにペースランナーを基準に走る。水とスポーツドリンクを用意したエイドステーションも設置する予定。

 店舗統括の秋庭英典さんは「フルマラソンの練習で、大会までに一度は30キロを走ることを勧めることがある。一人で長距離を練習するのは難しいため、練習会として開くことにした。3時間を超える運動で、普段は経験しないエネルギー切れや足などの痛みを経験することができる。現状の筋力やバランス、スタミナやスピードが分かることで、練習の仕方やシューズ、テーピング、本番への体調管理など対策を練ることができる」と話す。

 「おかやまマラソンにエントリーを考えている人は夏の暑い時期は練習がしづらいので、早い時期から練習することが、完走や目標タイムの達成につながる。ペースランナーに合わせて同じペースで走る練習にもなる」と参加を呼び掛ける。

 同店では、「ゼロから始めるランニング教室」や「フルマラソン完走練習会」、「かけっこ教室」などのイベントも毎月開催している。

 8時受け付け開始、9時スタート。参加費は2,000円。定員は200人。

 29日に開催予定だった同イベントは、後日、新型コロナウイルスの影響で中止となった。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース