見る・遊ぶ 暮らす・働く

岡山・西川筋でスポーツフェスタ 歩行者天国の路上でサッカー、バスケの体験

実行副委員長の采女直樹さんと事務局の西岡資恵さん

実行副委員長の采女直樹さんと事務局の西岡資恵さん

  •  
  •  

 岡山市中心部にある西川緑道公園筋で1月28日、「冬のホコテン!ぬく森スポーツフェスタ」が行われる。

ホコテン!の前回開催の様子

 当日は、西川緑道公園筋(西側)の桃太郎大通りより約100メートル南にある本町プラザ前から県庁通りまでの約230メートルを、自動車通行禁止エリアとして歩行者天国にする。本年度5回の「ホコテン!」開催予定のうち4回目。同園でゆっくり過ごせることをテーマに、毎回異なるイベントを実施している。

[広告]

 同イベントは岡山のプロスポーツチーム4団体と岡山市ペタンク協会が体験コーナーなどを設置し、来園者が競技に親しめる機会をつくる。チームおよび競技の魅力を伝え、体験してもらえるよう企画された。実行委員会事務局の西岡資恵さんは「西川沿いの路上で体を動かし、子どもから大人まで楽しむ機会になれば」と話す。

 サッカーJ2ファジアーノ岡山はシュートを蹴って得点を競うキックターゲット、バレーボール女子の岡山シーガルズはバレーボールネットと選手等身大パネルを設置してプレー環境を体感するコーナーを設ける。3×3バスケットボールのトライフープ岡山はシュートのコツ、女子サッカーのFC吉備国際大学Charme(シャルム)は芝生マットを敷いたスペースでドリブルをそれぞれ選手らが体験者にアドバイスする。岡山市ペタンク協会は金属製のボールを投げる体験を行う。

 同イベントでは野殿橋に雪遊びゾーンを作る。美作市から約4トンの雪を用意する。実行副委員長の采女直樹さんは「体験遊びの一つとして企画した。岡山県南では雪で遊んだことがない子どもが多い。実際に触って自然に親しんでほしい」と話す。同橋上にまきストーブを設置し、雪遊び後に暖まることができる。

 歩行者天国道路に面した5店舗がイベントに合わせて営業。自然派ワインとレストラン「ナチュレルモン」、イタリア料理「IL Bruschetta(イル ブルスケッタ)」、創作料理店「AGURA DINING(アグラダイニング)」、和風居酒屋「よい酔樽屋」、「池田促成青果ラボ」が特別メニューを提供する。

 同園周辺では同日に、野殿橋周辺で山の恵みを味わえるマーケット「西川ぬく森アナザーガーデン」が行われる。ガスや電気を使わず、自然エネルギーで作ったパン、ピザ、イノシシ・シカのステーキなどを提供。足湯を楽しめる150センチ×80センチの浴槽が設置される。

 開催時間は11時~16時。小雨決行。自動車通行および乗り入れ禁止時間は10時~17時。

  • はてなブックマークに追加