買う 暮らす・働く

岡山・高梁市図書館が1周年 年間入館者数65万人達成

高梁市図書館エントランスで出迎える山本美弥さん(左)と藤井勇さん(右)

高梁市図書館エントランスで出迎える山本美弥さん(左)と藤井勇さん(右)

  •  

 高梁(たかはし)市図書館(岡山県高梁市旭町)が2月4日、開館1周年を迎えた。

4階から見下ろした吹き抜けの書籍棚とエントランス

 JR備中高梁駅直結の複合ビルとして移転し、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブが管理運営する同館。2階の一部と3・4階に図書館、2階に蔦屋(つたや)書店、スターバックスコーヒー、観光案内所を併設する。ふた付きのドリンクであれば館内持ち込みもできる。

[広告]

 入館者数は1年間で約66万人。同館では当初、年間の目標入館者数を20万人としていたが、約3カ月で達成したため、上方修正して50万人とした。ところが、こちらも約8カ月で達成した。貸出冊数は1月末で21.5万冊、2015年度の同期間の約2.7倍となった。同館によると、営業時間・休館日の変更、利用対象者を市外にも拡大したことが主な理由という。

 同館長の藤井勇さんは「通勤・通学の帰りに過ごす場所、自習室の利用、散歩途中の休憩など、過ごし方はそれぞれ。図書館に親しんでもらい、町のにぎわいが創出できた。今後は本を手に取って利用してもらえる機会を増やす工夫を考えたい」と話す。

 同館から移動図書館が市内30カ所を定期的に巡回する。約2000冊の貸し出し用書籍のほか、販売用の書籍・パン・日用品などを車で運ぶ。買い物の機会を補い、地域の高齢者の見守り役も兼ねるという。同館広報担当の山本美弥さんは「巡回先で興味がある作家やジャンルの話を聞き、趣向に合う本を選ぶようにしている。本を通じて地域の方とさらに密なコミュニケーションをとりたい」と話す。

 同館は講演、演奏会などのイベントを昨年176本企画した。今後も幅広い年代の方が市民活動の場として参加しやすいイベントを企画し、SNSを使った情報発信にも力を入れていく方針という。

 開館時間は9時~21時。