食べる

岡山のコーヒー店が6周年 抽出方法や焙煎で異なる味わい提案

THE COFFEE BAR店長の後藤真明さん

THE COFFEE BAR店長の後藤真明さん

  •  
  •  

 岡山駅西口近くのコーヒー店「THE COFFEE BAR」(岡山市北区駅元町15、TEL 086-239-7550)が2月10日、オープンから6年を迎えた。

THE COFFEE BARのカウンター

 6周年記念奉仕イベントとして1日限定の「無限おかわり無料コーヒー」を行った。通常は2杯目以降のコーヒーは200円引きにしているが、同日は何杯でも無料とした。人気の高いフレンチプレスでのコーヒーは、約100杯を提供したという。

[広告]

 同店ではコーヒー豆を焙煎(ばいせん)し、本日のコーヒーとして複数の抽出方法で提供している。同日は、エスプレッソにはケニア産コーヒー豆の深いり、フレンチプレス・クレバードリッパー・エアロプレス・ハンドドリップでの抽出には、コスタリカ産コーヒー豆の中いりを提供した。

 店長の後藤真明さんは「豆の産地や抽出方法についての質問や、持ち帰りの豆を購入してくれる人が増えている。コーヒーが好きでこの仕事を始めたので、コーヒー好きが増えるとうれしい」と話す。

 コーヒーメニューは抽出方法によって、エスプレッソ、アメリカーノ、フレンチプレス、クレバードリップ(各400円)、エアロプレス(500円)、ハンドドリップ(550円)。カフェラテ(450円)やコールドプレスジュース(400円)なども用意する。「同じ豆でも抽出方法や、焙煎で味が違う。自分のお気に入りを見つける手伝いができれば」とも。

フードメニューはサラダとドリンクがセットで、自家製パテサンド(1,500円)、きんぴらサンド(1,000円)、吉田牧場のチーズを使ったスペシャルクロックムッシュ(1,600円)、自家製マスカルポーネトースト(1,000円)などを用意している。

 営業時間は8時~19時。

  • はてなブックマークに追加