食べる

岡山・イコットニコットに世界大会入賞のジェラート 朝作った新鮮な味を

ジェラートアーティストの店長・石橋玲音さん

ジェラートアーティストの店長・石橋玲音さん

  •  

 柴野大造さん監修のジェラート店「La Nave(ラ・ナーヴェ)」(岡山市北区駅前町1)がオープンして1カ月がたった。

ジェラートを持つ店長・石橋玲音さん

 2016年9月に閉店した商業施設「ドレミの街」の耐震改修工事をし、「ICOTNICOT(イコットニコット)」として2018年12月7日、リニューアルオープンした。「TSUTAYA BOOK STORE」のある2階の北側入り口前にある。

[広告]

 監修したジェラート・マエストロの柴野さんは、2017年イタリア・リミニで開催されたジェラートの世界大会「ジェラート・ワールド・ツアー・グランドファイナル」で「パイン・セロリ・リンゴのソルベ」が一般投票1位となるなど、国内外で多くの受賞歴がある。

 ジェラートアーティストの店長・石橋玲音(れおん)さんは、大学在学中に柴野さんのジェラートに出合い、異例の3カ月間の修業を行った。着色料を使わず、季節のフルーツや野菜を使ったジェラートを毎日12種以上提供している。朝作った新鮮なジェラートだけを販売している。

 石橋さんは「アイスクリームとの違いの1つとして味に大きな違いを生むのが、含まれる空気の量。ジェラートは空気の量が少なく濃厚だが、後味がさっぱりしている。味が口の中に一瞬で広がり、一瞬で消えるのが良いとされている」と話す。

 メニューは、日本大会で優勝した「オレンジマニラのマスカルポーネ」、世界大会で入賞した「グランピスタチオ」、世界大会優勝の「パイン・セロリ・リンゴ」、「マンゴー・バナナ」「抹茶」「塩」「バターキャラメル」「プレミアムミルク」など。

 「柴野さんのジェラート愛を引き継ぎ、岡山でも気軽に食べてもらえるようにしたい。素材をそのまま食べるよりおいしくなければジェラートの意味がない。教わったことを忠実に守り、もう一度食べたいと言われるジェラートを提供していく」とも。

 営業時間は11時~19時。TSUTAYA内でも食べることができる。1種=380円、2種=450円、3種=550円(入賞メニューは100円増し、コーンの場合は50円増し)。