3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

岡山発、長期インターンシップ求人サービス「COMPUS」提供開始へ

(左から)長期インターンシップ求人サイト「COMPUS」を運営する、「コンテンツクルー」スタッフの今田将也さん、藤田圭一郎さん、赤木孝臣さん

(左から)長期インターンシップ求人サイト「COMPUS」を運営する、「コンテンツクルー」スタッフの今田将也さん、藤田圭一郎さん、赤木孝臣さん

  • 307

  •  

 アプリ開発などを手掛けるウェブサービス会社「コンテンツクルー」(岡山市北区平和町)が2月26日、長期インターンシップ求人サイト「COMPUS(コンパス)」のサービス提供を始めた。

 現在同社にインターンシップ参加している岡山在住の大学生・赤木孝臣さんは「これまでは東京や大阪でしか長期インターンシップに参加できる機会が無かった。興味がある業種や職種はあるが実際知らないことが多くて不安。就職する前に体験して進む方向性を決めたいと思っている学生は多いはず」と話す。

[広告]

 同サイトでは、インターンシップ期間を6カ月と定め、受け入れ企業は、3カ月経過後、6カ月経過後に料金を支払う成果報酬型。ビジネスコースとエンジニア・デザイナーコースの2コースを用意し、出勤日数などは個別で相談に応じる。

 現在、岡山大学の学生を中心に約50人が登録しているという。今後は県内の大学生を中心に1000人まで増やすことを目標に掲げる。同社スタッフは「1年生や2年生の時期に企業との接点を持ち、企業人と関わり持つ、ロールモデルを見つけることができれば、やるべきことが見つかり、学業だけでない充実した学生生活が送れる。ラインなどでフォローの準備もしている」と話す。

 同社にインターンシップ参加している今田将也さんは「プログラミングの知識など、どこまで社会で通用するのか、何が足りないのかを知り、目指す目標を見つけられる。長期インターンシップの仕組みが根付けば、学生が抱える将来の不安も解消されるのでは」と期待を寄せる。

Stay at Home