見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

「オカヤマアワード」受賞者決まる-グランプリにリーゼントボクサー

オカヤマアワード2014グランプリの和氣慎吾さん

オカヤマアワード2014グランプリの和氣慎吾さん

  •  
  •  

 ルネスホール(岡山市北区内山下1)で9月21日、「オカヤマアワード2014」授賞式が行われた。  同アワードは今回で5回目。クロスカンパニーの石川康晴社長が実行委員長となり、地域経済の発展と文化の向上、岡山活性化を目的に創設した。  今年ノミネートされたのは10部門12人。ベストオブザイヤーを受賞したのは岡山市出身のプロボクサーで通称「リーゼントボクサー」、第41代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者の和氣慎吾さん。伊原木県知事よりトロフィーを授与され、世界チャンピオンになることを誓った。  そのほか、特別企業賞は「引両紋(ひきりょうもん)」の青山雅史さんに。青木さんは、スペインで日本茶のデモンストレーションや岡山大学の学生とのコラボ商品を販売している。  特別地産品生産者賞は、レッドライスカンパニーの難波友子さんと尚吾さんに贈られた。難波さんは、総社赤米の血をひいた「あかおにもち」のほか、原料としてベーグルやシフォンケーキ、みそやうどんなどの製品も生産販売している。  アパレル製造加工開発部門賞は青木被服の青木俊樹さん。青木さんが手掛ける自社アパレルブランド「fagassent(ファガッセン)」は欧州に10店舗を展開し、欧米3都市で販売を始めた。美容部門賞は木下ユキミさん。建築・インテリア・プロダクツ部門賞はイノベーション・スタジオ・オカヤマの毛利真也さん。毛利さんは日本とロンドンで建築を学び、パリでJean Nouvelに師事。今年、建築事務所を設立した。  グルメ部門賞は「bar.comptoir(バー コントワール)」の園田浩也さん。園田さんは、磨屋町の店舗のほか、「満月BAR」や福岡醤油建物を使った「たまりバー」を経営するほか、美作市で「山村bar」の出張バーテンダーとしても活躍する。  生花店部門賞を受賞した「FLOWER SHOP NEO」の杉本一洋さんは、ブライダルやショップの装飾だけにとどまらず、フローリストとして作品の制作、スクールも手掛ける。観光・宿泊施設部門賞は軒下図書館のオリビエ・チャールズさんとチャールズ裕美さん。フランス人のオリビエさんと英国からUターンした裕美さんは西粟倉村でフランスパン工房、ヨガ教室、宿泊・ペンションを手掛け、語学教室なども開いている。  NPO・ボランティア部門賞はNPO法人「もっと燃えろ岡山」の池宗俊二さん。池宗さんは、スチャダラパーのBoseさんを実行委員長に迎え「でゑれ~祭」を開いている。

オカヤマアワード2014 10部門の受賞者

[広告]
[広告]
  • はてなブックマークに追加