食べる 暮らす・働く

岡山・寺院で地域のための「マルシェ」 駐車場をやめて駐輪場に

実行委員長の石村亮馬さん

実行委員長の石村亮馬さん

  •  

 長泉寺(岡山市北区南方3)境内で5月20日、「第3回南方マルシェ」が開かれる。

 美容室「Rilie(リリー)」(同市南方2)の石村亮馬さんの呼び掛けで2016年に始まった同イベント。

[広告]

 南方エリアの10店が出店する。石村さんは「地元の店が集まり、地元の人が喜ぶ『町の祭り』のような雰囲気」と話す。

 今回から新たな取り組みとして、より地元の人に来てもらえるよう駐車場を廃止。駐輪場に変更した。

 当日は、初出店のカフェ「Koenbench(コウエンベンチ)」がコーヒー、カレー、ケーキを販売するほか、オムライス店「ufu-ufu(ウフウフ)」がオムライスと特製プリン、カフェ「emaru cafe(エマルカフェ)」がドリアやかき氷など、ベーグル店「まみパンストア」がベーグル、精肉店「肉のクマザワ」がホットドックやソーセージ、生鮮店「さかなとやさいの店」がアジフライ、がらエビの唐揚げ、ゆば店「ゆばの奥田屋」がYUBA BOX(湯葉弁当)を販売する。

 会場ではこのほか、竹の串にカラフルなリボンを付けて作る「くるくるシャボン」作りワークショップ(500円)、紙製の星をすくう「お星さますくい」(100円)を行う。美容室「Rilie(リリー)」は朝忙しい母親が手軽にできるアレンジなどを紹介する「自宅でできる簡単ヘアアレンジ講座」を行う。

 石村さんは「南方エリアには古くから愛される店、新しくできた店がある。商店街のように店員が、ほかの店を紹介できるような関係性がすでにあった。マルシェを開くことで、店と店、客と客がつながるチャンスが増える。マルシェで提供した商品が、店の定番になったこともあり、店と町が一緒に成長している」と話す。

 開催時間は10時~14時。