食べる

岡山にカウンターだけの「いい塩梅」な食堂 対話大切に、食を楽しめる場所に

「SALT 石川食堂」の石川俊輔さん

「SALT 石川食堂」の石川俊輔さん

  •  
  •  

 「SALT 石川食堂」(岡山市北区丸の内2、TEL 086-238-9910)がオープンして1カ月がたった。

「SALT 石川食堂」の料理1

 店主の石川俊輔さんは、義母が店主をする「野菜食堂こやま」(岡山市北区田町1)で料理人を約10年半務め、岡山県立図書館を目の前にするカウンター8席のみの飲食店を、昨年12月9日にオープンした。同店で学んだことを継承しつつ、カウンターを通して対話をしながら食事を提供するなど、自分らしさを出すために2号店ではなく開業することにしたという。

[広告]

 店名のSALTは「Soul Air Local Treasure」の略で、地域の食材を使い、季節や風土を味わえる「いい塩梅(あんばい)」な店にしたいという思いから名付けたという。基本的に季節の野菜が中心で、米は玄米、魚は使うが肉を使うことはない。アレルギーやビーガン・ベジタリアンなど、客の声を聞きながら、できる限り対応するという。

 ランチは、「本日のランチ」(1,100円)と8種のスパイスを使った「カレー」(1,200円)を提供している。夜は「晩ご飯セット」(1,850円)と「おまかせコース」(3,800円)を提供、日本酒やワインなども準備している。

 石川さんは「食を楽しむことが一番。食に向き合い、心も体も喜ぶものを提供したい。肉が駄目だと言っているわけではない。白砂糖を使わない、アジやサバのような近海魚しか使わないなど自然とそうなっていった。食感や色、品数など、楽しんでもらえるように工夫している」と話す。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、夜=17時30分~21時。日曜夜と月曜定休。

SmartNews Awards 2019