3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

岡山・マサベーカリー3店目は食パン専門店 日常的に食べるパンへ

食パン専門店「L.A.MASABEAKERS(エル・エー・マサベーカーズ)」の店主・正部貴司さん

食パン専門店「L.A.MASABEAKERS(エル・エー・マサベーカーズ)」の店主・正部貴司さん

  •  
  •  

 食パン専門店「L.A.MASABEAKERS(エル・エー・マサベーカーズ)」(岡山市北区北長瀬表町2)がオープンして3カ月がたつ。

食パン専門店「L.A.MASABEAKERS(エル・エー・マサベーカーズ)」のL.A.ブレッド

 同店は、「マサベーカリー」(東区可知1)、「空とパンとハンモック」(北区大和町2)に続く3店目として、ブランチ岡山北長瀬内に1月18日にオープンした。主に食パン、ミニ食パン、サンドイッチなどの販売と20席のイートインスペースを設けている。

[広告]

 食パンは、山型の「L.A.ブレッド」(250円)と「ハードブレッド」(280円)、角型の「玄米ブレッド」(280円)の3種。店主の正部貴司さんは「プレミアム食パンも今後提供するつもりだが、予想以上に柔らかい食パンができた。どの店もイーストフードなど無添加を使わないが、他店と違うここだけの食パンを食べてほしい」と話す。

 ミニ食パンは、幅5センチ・長さ10センチで食パンと同じ製法で作る。マサベーカリーの看板商品「幸せのクリームパン」をミニ食パン型にして、3月に販売をスタートした。自家製のカスタードクリームを多過ぎず少な過ぎず、同店が開発した「幸せの比率」で作るという。

 そのほか、明太子とクリームチーズの入った「明太フォンデュ」、季節限定の「さくらもち」(以上250円)、つぶあん、抹茶つぶあん、くるみチョコ(以上200円)など、現在全11種。「明太フォンデュ」は上部の表面をカリカリに焼き、虎目のように割れた「タイガーダッチ」の食感を楽しむことができる。

 サンドイッチは、ロコモコチェダーサンド、アボカドシュリンプサンド(以上400円)、デミカツサンド、照り焼きチキンサンド、ロースカツサンド(以上450円)など全9種。

 正部さんは「特別な日ではなく日常的に食べてほしい。そのために無添加でなるべく低価格にした。一日のスタートを当店のパンから始めてもらえるように、今後は営業時間を早めてモーニングを企画している」と話す。

 営業時間は9時~19時。水曜定休。