見る・遊ぶ

岡山県内8カ所で応援動画撮影 被災地にも、観光地にも元気を

プロジェクトを行った黒住宗芳さん

プロジェクトを行った黒住宗芳さん

  •  

 瀬戸内サニー(香川県高松市)らで動き出した西日本豪雨被災地応援動画プロジェクトが8月10日、動画「西日本応援!!カモンベイビーオカヤマ!!」を公開した。

 ダンス&ボーカルグループDA PUMPの「USA」の曲に乗って岡山県内8カ所で踊り・歌う。災害により減少した観光客の再誘致、被災地へのボランティア募集を目的に制作された。

[広告]

 同社社長の大崎龍史さんが黒住教青年連盟長の黒住宗芳さんに相談し、プロジェクトは始まったという。約200人の協力を得て、岡山駅前広場、倉敷美観地区、岡山大学津島キャンパス、児島のジーンズ工場「ニッセンファクトリー」、ブラジリアンパーク「鷲羽山ハイランド」、岡山後楽園・おかやま桃太郎まつり「うらじゃ」、宗忠神社(北区大元)で撮影された。岡山県知事の伊原木隆太さんがコメント、エフエム岡山DJの森田恵子さんがナレーションで参加している。

 災害時、黒住教のある神道山では約160人の避難者を受け入れたという。黒住さんは「2日の宿泊と炊き出しを行い、元気になってもらえる活動をしたいと考えていた。踊りも歌も下手でも、笑顔で元気を届けられる映像にしたかった。笑顔で踊る姿は不謹慎と言われるかもしれないが、無関心でいるより行動を起こすことを選んだ」と話す。

 「被災していない人までも元気を失っているように感じる。動画を見て、『自分の頑張っていることが、被災地や誰かの為になっている』と前向きな気持ちになってほしい」とも。