学ぶ・知る

岡山に高校卒業資格を取得できるフリースクール開校 進学・就職・起業なども支援

フリースクール「無花果学園」学園長の中藤寛人さん

フリースクール「無花果学園」学園長の中藤寛人さん

  • 112

  •  

 高校卒業資格を取得できるフリースクール「無花果(いちじく)学園」が、2022年春に開校する。

フリースクール「無花果学園」の学園長・中藤寛人さん

[広告]

 運営する「コノテ」(岡山市北区駅元町)は、スタートアップ企業と弁護士をマッチングするサービス「RIL」や地方の教育活動を紹介するメディア「無花果シロ」などの事業を行う企業。今年9月に小学3年生から高校3年生まで通えるフリースクール「もえぎ」を設立した。

 無花果学園では、eスポーツやマーケティング、プロスポーツの企業と連携をした授業を企画。今後は、起業家と関わる「ビジネス研究部」の創設も予定する。生徒のやりたいことを見つけて仲間と一緒に実現できる環境を提供する。その他、心理学や哲学をベースにした心の探究プログラムなど自分を大切に感じてもらう環境づくりも行う。

 学園長の中藤寛人さんは「フリースクール『もえぎ』を立ち上げたのは学校に行かないと幸せになれないのかという問いが出発点。無花果学園も同様に、生徒が今感じていることを一番大切にしたい。嫌だ、やりたくないというマイナスの感情にも、丁寧に接していくことで本当はどうありたいのかがわかってくる。どんなに社会が変化しても自分が幸せになれる世界を見つけてもらいたい」と話す。

 無花果学園では、高校卒業資格を取得できるカリキュラムだけでなく、大学進学へのサポートや旧AO入試対策への個別指導、オンライン家庭教師などのサービスも提供する。体育祭や文化祭、部活動などのほかにも美術館などを訪れるアート鑑賞、eスポーツ大会やボランティア活動など生徒に考えてもらいイベントや行事を行う予定という。

 就職を希望する生徒には、地方の学生向け長期インターンシップ求人サイト「COMPUS」(岡山市北区平和町)と提携し就職支援が受けられるほか、「ももたろう・スタートアップカフェ」(北区駅前町)での起業相談なども予定する。

 中藤さんは「学校に行けなくなった人は、学校や社会に対するギャップにいち早く気付いた人。学校に行けない自分や親に申し訳なく思う気持ちを許せるようになると、相手の痛みがわかる人になっていく。進学や就職だけでなく、芸術家で生きていくことや旅に出ることなどへの相談にも乗りたい」と話す。

 通学コースは週2回コースと毎日コース。別の高校に通いながらの通学もできる。1期生の募集人数は約30人。説明会の開催日は来年1月8日・9日。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース