見る・遊ぶ

岡山で伊達家の名品を初展示 ユネスコ世界記憶遺産や国宝など6点

伊達政宗の甲冑

伊達政宗の甲冑

  •  
  •  

 岡山県立美術館(岡山市北区天神町)で現在、企画展「伊達政宗と仙台藩」が開催されている。

正子公也さんの伊達政宗

 仙台市博物館との交流事業として、伊達政宗や仙台藩に関する資料121点を展示する同展。伊達家と岡山の池田家とが交流していた様子を示す手紙、仙台藩所蔵の羅紗(らしゃ)でできた陣羽織、江戸時代に描かれた絢爛(けんらん)なびょうぶ図などの美術品を展示している。

[広告]

 仙台藩は慶長遣欧使節(けいちょうけんおうしせつ)をスペイン、ローマに送っていた。絵画「支倉常長(はせくらつねなが)像」などユネスコ世界記憶遺産に登録された3点を合わせた国宝6点も展示。ほとんどが岡山では初めての展示となる。

 約1週間の展示期間中に約6000人が訪れ、通常より男性比率が高いという。「伊達政宗の歴史ファンが多いからか。鮮やかな赤や黄色をあしらった陣羽織やハート型の文様など、デザイン性が高い。歴史ファンにはもちろん、美術ファンにも見ていただきたい」と学芸員の福冨幸(こう)さんは話す。

 甲冑(かっちゅう)体験やフロアレクチャーをはじめ、オリジナル茶菓子を用いた呈茶席、尺八とフルートの演奏会などを予定。物販コーナーでは、岡山県出身の武将画家正子公也(まさごきみや)さんのイラストパネルも展示している。

 開館時間は9時~17時。月曜定休(8月15日は開館)。観覧料は、一般=1,200円、65歳以上=1,000円、大学生=700円、小・中・高校生=300円。8月28日まで。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019