食べる

岡山後楽園で「ももビール」 県内産の桃使い、「地元の人もゆったりした時間を」

ももスムージーを持つ「福田茶屋」店主の藤原敬一さん

ももスムージーを持つ「福田茶屋」店主の藤原敬一さん

  •  

 岡山後楽園にある福田茶屋(岡山市北区後楽園)で現在、岡山県産の桃を使った「ももビール」を提供する。

福田茶屋で提供する「ももビール」

 夏の特別メニュー「ももシリーズ」の一つ。同店は、1946(昭和21)年に創業。2016年から桃を使った限定商品を提供している。ももビールは昨年に続き2年目。ブレンダーで砕いた桃とビールはおおよそ半々。桃の香りと果肉の食感を楽しむことができる。店主の藤原敬一さんは「日本三名園の特別な雰囲気に負けないクオリティーで提供する。女性向きの桃の甘さが広がる一品」と話す。

[広告]

 平成30年7月豪雨の影響もあり、来園数は前年比約7割。岡山県内の桃の被害は少なかったが、猛暑が続き甘さが例年より少ないものもあるという。「一日のんびりと過ごすフランス人、20代のカップルなど多種多様な来客。地元の人にもゆったりした時間を同園で過ごしてほしい」とも。

 「ももビール」のほか、「ももスムージー」(以上800円)も用意。お抹茶、ホットコーヒー(以上500円)、抹茶ラテ(650円)には中山昇陽堂のきびだんごが付いてる。そのほか、あんみつ(750円)、抹茶パフェ、黒ごまきな粉パフェ(以上880円)なども用意している。

 営業時間は8時30分~18時(冬季は17時まで)。9月9日まで。